久し振りの再会に大はしゃぎの赤ん坊

GWにどうにか休日が取れた弟がうちに帰省してきた。
こんな弟を控えるのは、我が家のヤンチャざかりの幼稚園児の児童。
なんだか随分あてもないけれど、児童は弟が大好きで帰省してくると「おじくん」を連呼してまとわりついておる。
自称、児童嫌いの弟もまんざらではないのか、帰るっていそいそといった児童への贈り物を買いに出かけていく。
段々、思いの丈がついてきて大きくなってきた児童だけど、まだまだ配慮というものを知らないから私も絶えず遊んでいてつらい思いをするのだが父兄は常連だが、時折帰る弟にはキツかったようだ。
弟がゴロンって寝転んでいると、一気に上に乗っかってべたーっとくっついて、言わばコバンザメのようで見ている方は笑えてしまうが弟は児童の細長い肘の骨が当たったりしてまったく痛かったようだ。
何とかしてくれよーと言われても、普段からあたいは痛く当たらないように自分で方角を変えたりやるから忠告も苦しい…。
そうして、児童は弟との再会がありがたくて心地よくて何とも立ち寄りみたいにも、講話も聞けみたいにも弱い。
一先ず、児童には注意するものの凍る事はなかった。
こういう今の出来事を弟の昔に活かしてもらえると宜しいなぁ…と思っているうちに弟は都市へ帰って言う。
児童はまた夏場の再会を今から楽しみにしているが、はたして弟はどうなのだろうか…。http://www.newportmeasuresup.biz/