自分のころとは比べ物にならないくらい子供は忙しいです

どうして、若者の祭典なのに、日本では、どうして、お年寄りが、オリンピックで大活躍されているのかわかりません。せめて、スポーツ担当相ぐらいの年でないと、見るほうも、やるほうももりあがらないのではないでしょうか。もう少しで、選挙も18歳からできるようになりますね。きっと、高をくくっているのでしょうが、たぶん、選挙権のある18歳は、全員が選挙に行くとおもいます。
リオオリンピックも、混乱しているというのに、東京で本当に間に合うのか不安です。国立競技場にこだわってしまって、何で、ほかのところを使わないのか。これから、社会に出る子供たちが、ちゃんと生活できるのか、不安です。子供は、仕事に誇りや楽しみをもって、当たれるのでしょうか。
義務教育はよくなっています。よくなりすぎて、子供が忙しくて、親のほうもサポートが大変です。どの親に聞いても、今の子供が自分のころのように暇をもてあそぶこともなく大変だと感じているのです。アリシア スムース ビューティー 違い

座敷の大整備で心地もスッキリ息抜きしました。

この間ちょっと自分のホールを客観的に見たときに、ものすごい物体が散乱やることに気づきました。
その時は気に入ってかったはずのものがタイミングのやり方とともに階層に散らかっている具合だったので、思いきってセッティング調整を気力。
まずは階層に散乱やる物を、一つずつ屑とそうでないものに動機付け、そのあと使わないものを屑紙袋にいれていきました。
まだ使えるものをかなぐり捨てるのはなんとも根性がいりましたが、使えても使わないのなら屑と同じだと言い聞かせ、潔く屑紙袋の中に入れていくと、徐々に心情も前向きになり「これも今は無用なぁ。」とパッと仕分をつけることができるようになって、さくさくと乗り越えることができました。
一日かけてしげしげと片付けたあとはホールが見違えるほどきれいになり、捨てた屑は紙袋3紙袋になりました。
これだけの屑がホールにちらかっていたのかと思うとゾッと決める。
綺麗なホールはいよいよ気持ちが良いだ。
今まではホールにあまりいたくなかったのですが、すっきりした結果ホールに年中いたくなりました。
こういうきれいなホールをキープするためにも、これからはこまめに不要なものを切り捨てる習慣をつけていきたいと思います。