久しぶりに役割を再燃

一か月ほど体調不良で生業を休んでいました。しだいに状況が回復してきて、在宅にいるのもまだまだ退屈になってきたときにすでに復職しようかななんて思っていたのですが、ようやっとお休日を取ったので有効に使おうなんて思い室内を少しずつですが一年中取りまとめをしていたら、サッとお休日も終わってしまいました。終わってしまえばお休日も短く捉え、久しぶりに復職。友人はあれこれ温かく迎えてくれましたが、生業自体は温かいものではなく実にキツイ産物でした。連日たいてい立ちっぱなしなので、一か月家でゴロゴロしていたので、実に乗り物がつらい。必ず筋力顔ぶれ即刻落ちてしまったんだなと実感しました。帰ってきてむくんです乗り物に張りストッキングを履き、テレビを観ながら、やはり休暇でも家でゴロゴロしていたほうが良かったななんて思った次第です。とっくに占いでわたくしは無精と言われましたが、生業返り咲きして無精の血液がドキンドキンと騒いでいらっしゃる。